1210円 運動後のクールダウンや風邪の時に。携帯式 氷枕 氷のう 氷嚢ハンディー アイスバッグ 熱中症対策グッズ スポーツ 発熱 日焼け 運動後 クールダウン 風邪 携帯 ポータブル ハンディーアイスバッグ【2色組】 容量1200ml 約縦7.3×横7.8×高さ21.5cm 〔スポーツ 発熱時 日焼け〕 日用品雑貨・文房具・手芸 その他 運動後のクールダウンや風邪の時に 携帯式 氷枕 氷のう 氷嚢ハンディー アイスバッグ 熱中症対策グッズ スポーツ 発熱 日焼け 運動後 2色組 ハンディーアイスバッグ 日焼け〕 風邪 約縦7.3×横7.8×高さ21.5cm 携帯 クールダウン ポータブル 容量1200ml 驚きの値段で 〔スポーツ 発熱時 発熱,氷枕,約縦7.3×横7.8×高さ21.5cm,www.dr-tscharf.at,氷のう,〔スポーツ,日用品雑貨・文房具・手芸 , その他,容量1200ml,携帯,日焼け,ポータブル,風邪,熱中症対策グッズ,/chiselly1666271.html,運動後のクールダウンや風邪の時に。携帯式,ハンディーアイスバッグ【2色組】,スポーツ,アイスバッグ,氷嚢ハンディー,日焼け〕,運動後,発熱時,クールダウン,1210円 発熱,氷枕,約縦7.3×横7.8×高さ21.5cm,www.dr-tscharf.at,氷のう,〔スポーツ,日用品雑貨・文房具・手芸 , その他,容量1200ml,携帯,日焼け,ポータブル,風邪,熱中症対策グッズ,/chiselly1666271.html,運動後のクールダウンや風邪の時に。携帯式,ハンディーアイスバッグ【2色組】,スポーツ,アイスバッグ,氷嚢ハンディー,日焼け〕,運動後,発熱時,クールダウン,1210円 1210円 運動後のクールダウンや風邪の時に。携帯式 氷枕 氷のう 氷嚢ハンディー アイスバッグ 熱中症対策グッズ スポーツ 発熱 日焼け 運動後 クールダウン 風邪 携帯 ポータブル ハンディーアイスバッグ【2色組】 容量1200ml 約縦7.3×横7.8×高さ21.5cm 〔スポーツ 発熱時 日焼け〕 日用品雑貨・文房具・手芸 その他 運動後のクールダウンや風邪の時に 携帯式 氷枕 氷のう 氷嚢ハンディー アイスバッグ 熱中症対策グッズ スポーツ 発熱 日焼け 運動後 2色組 ハンディーアイスバッグ 日焼け〕 風邪 約縦7.3×横7.8×高さ21.5cm 携帯 クールダウン ポータブル 容量1200ml 驚きの値段で 〔スポーツ 発熱時

運動後のクールダウンや風邪の時に 携帯式 氷枕 氷のう 氷嚢ハンディー アイスバッグ 熱中症対策グッズ スポーツ 発熱 日焼け 運動後 2色組 ハンディーアイスバッグ 日焼け〕 風邪 約縦7.3×横7.8×高さ21.5cm 携帯 クールダウン ポータブル 容量1200ml 驚きの値段で 〔スポーツ 爆買い送料無料 発熱時

運動後のクールダウンや風邪の時に。携帯式 氷枕 氷のう 氷嚢ハンディー アイスバッグ 熱中症対策グッズ スポーツ 発熱 日焼け 運動後 クールダウン 風邪 携帯 ポータブル ハンディーアイスバッグ【2色組】 容量1200ml 約縦7.3×横7.8×高さ21.5cm 〔スポーツ 発熱時 日焼け〕

1210円

運動後のクールダウンや風邪の時に。携帯式 氷枕 氷のう 氷嚢ハンディー アイスバッグ 熱中症対策グッズ スポーツ 発熱 日焼け 運動後 クールダウン 風邪 携帯 ポータブル ハンディーアイスバッグ【2色組】 容量1200ml 約縦7.3×横7.8×高さ21.5cm 〔スポーツ 発熱時 日焼け〕






■商品内容

暑い真夏、日中も夜中も暑さに耐えきれない人が増えてます。これは、屋外でも家の中でも同じこと。そうなる前に、アイスバッグ(氷嚢)でクールダウンしてみてはいかがでしょう。本品に、氷と水を入れて使用しますが、投入口が大型になっていますので、氷の投入がスムーズに。バッグは、形が自由に変形するので、患部に当てやすいのが特徴。暑さ対策としてだけでなく、スポーツなどでの運動後のクールダウンに、風邪などでの発熱時にもご利用ください。ブルーとホワイトの2色セットになります。


■商品スペック

【商品名】
ハンディーアイスバッグ2色組
 
【サイズ】
約縦7.3×横7.8×高さ21.5cm
投入口:口径約4.5cm
容量:1200ml
 
【重量】
約280g
 
【材質】
ポリエステル・ポリプロピレン
 
【セット内容】
ブルー×1、ホワイト×1
 
【生産国】
中国

【注意事項】
※長時間同じ部位に使用しないでください。凍傷の原因になります。
※満水にならないように氷の粒を容量の約 3/4入れてから、少量の水を加えてください。
※使用する前に本体に傷や破れが無いことを確認してください。
※開封時に素材特有のニオイが気になる場合は陰干ししてから使用してください。
※色落ちすることがあります。
※温めて使用しないでください。
※就寝時は使用しないでください。
※冷凍はしないでください。



■送料・配送についての注意事項

●本商品の出荷目安は【3 - 8営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS1102】です。同梱区分が【TS1102】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●本商品は仕入元より配送となるため、沖縄・離島への配送はできません。

運動後のクールダウンや風邪の時に。携帯式 氷枕 氷のう 氷嚢ハンディー アイスバッグ 熱中症対策グッズ スポーツ 発熱 日焼け 運動後 クールダウン 風邪 携帯 ポータブル ハンディーアイスバッグ【2色組】 容量1200ml 約縦7.3×横7.8×高さ21.5cm 〔スポーツ 発熱時 日焼け〕

出題と解答:船見 正範
エムシー関東株式会社 ぺパーミント薬局(栃木県宇都宮市)

1-d、  2-b、  3-c、  4-a

 固形内服薬をカプセル化する目的には、(1)苦味や刺激、不快な臭いなどで飲み込みにくい薬剤を服用しやすくする、(2)散剤や顆粒剤をまとめて服用しやすくする、(3)腸溶性コーティング顆粒や徐放性コーティング顆粒などを充填し薬剤の放出を制御する、(4)油状液剤を服用しやすくする(主に軟カプセル)──などが挙げられる1)

 一方、臨床現場では、医師の指示や家族の要望などにより、カプセルから薬剤を取り出す脱カプセルを行わざるを得ない場合がある。主な理由としては、副作用防止のための用量調節、経管栄養管理に伴うカプセル剤の服用困難などがある。ただし、脱カプセルの可否や、脱カプセルした場合の治療効果や副作用への影響は、前述のカプセル化の目的や製剤特性により大きく異なるため、注意を要する。

 Kさんには、サインバルタ(一般名デュロキセチン塩酸塩)の副作用である眠気を軽減するため、処方医から半量に減らしてもよいとの指示が出された。サインバルタは、カプセル自体に特別な加工は施されておらず、中の顆粒に腸溶性コーティングが施されている。そのためカプセルから顆粒を出して服用しても、大きな影響はないと考えられる。ただし、デュロキセチンは酸に不安定であるため、顆粒をかんだり、潰したりしてコーティングが剥がれてしまうと、胃酸により失活し、十分な薬効が期待できない可能性がある。

 腸溶性コーティング顆粒のカプセル剤にはほかに、タケプロン(ランソプラゾール)、ネキシウム(エソメプラゾールマグネシウム水和物)などがある。徐放性コーティング顆粒による放出制御を期待したカプセル剤としてはイフェクサー(ベンラファキシン塩酸塩)などがあり、これらはいずれもコーティングが剥がれないよう注意すれば、一般的に脱カプセルが可能と考えられる。

 また、強い苦味のあるリリカ(プレガバリン)のように、苦味や不快な臭いを防ぐ目的でカプセル化されている薬剤については、経管チューブを用いて投与する場合は脱カプセルをしても問題はなく、経口で半量を服用する場合なども市販の硬カプセルに移し替えることで対応可能と考えられる。

 なお、光や湿度の影響を避けるため、脱カプセルはできるだけ服薬の直前に行い、残った薬剤はジッパー付きビニール袋などに入れ、直射日光の当たらない場所で保管するよう指導する。薬局内で脱カプセルを行う場合も同様の注意が必要である。

 一方、プラザキサ(ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩)は内容物のみを服用すると血中濃度が上昇する恐れがあるため、脱カプセルを避けるようインタビューフォームで注意喚起されている。そのほか、ストラテラ(アトモキセチン塩酸塩)も、添付文書によれば眼球刺激性があり、脱カプセルは適切ではないとしている。

 いずれのカプセル剤においても、製造販売承認時のデータはカプセル剤の服用が前提であり、脱カプセル時の有効性や安全性が担保されているわけではない。医師の指示がない限り、脱カプセルは安易に行わないよう、患者に十分指導する必要があるだろう。

こんな服薬指導を

Illustration: 山本(Shige)重也

 サインバルタは、中の顆粒状のお薬を飲みやすくするために、カプセル状になっています。顆粒を直に飲んでも効果に影響はないと思われますが、顆粒をかむなどして表面のコーティングを傷付けてしまわないように、ご注意ください。

 顆粒は湿気に弱いので、カプセルは飲む直前に開けてください。残ったお薬はジッパー付きビニール袋などに入れて直射日光の当たらない場所で保管し、早めにお飲みください。

 ちなみに、全てのカプセル剤でこうした飲み方ができるわけではありません。先生の指示があったお薬以外は開けないでくださいね。

参考文献
1)日本薬学会「薬学用語解説」(http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?カプセル剤)

  • 1

この記事を読んでいる人におすすめ